釣り合いを重視するのであれば、厳しい競争を勝ち抜く覚悟を決めるか、狙いを変える必要があります。

 

 

「高学歴、高収入の女性は婚活では不利」というのは昔からよく聞く話です。

 

都市伝説のようにまことしやかに囁かれるこの噂、結婚は本人同士のことですから断言はできませんが、やはり「本当」だというのが事実のようです。

 

ではなぜそんなことが起こるのでしょうか。

 

高学歴女性が嫌われる2つの大きな理由

 

高学歴、高収入の女の人の婚活が難航する傾向があるのは、主に2つの理由があります。

 

1つめは相手方、つまり男の人の方に問題がある場合です。

 

どんなに女性が社会に進出しようと「男は女より優位に立ちたい」そう思っている生き物です。

 

そのため自分より学歴も収入も高い相手はどうしても敬遠する傾向があります。会う前に条件だけでふるい落とされてしまうと言うケースも少なくありません。

釣り合いを重視するのであれば、厳しい競争を勝ち抜く覚悟を決めるか、狙いを変える必要があります。

 

共働き志向の男性ももちろんいますが、「働くのは自分が主、妻には家事も頑張ってほしい」という男の人が多いのが現実です。

 

学歴も収入も高いとなると外でバリバリ働きたいに違いない、なら自分も家事をやらないといけない、それは嫌だ、という思考に相手は勝手に陥ってしまうのです。

 

男としてのプライドを守りたい、思い描く結婚生活を手に入れたい、そんな理由から敬遠が起きてしまうのです。

 

 

 

2つ目は自身の側に問題があるケースです。

 

「男が家計をしっかり支えるべき」という考え方は、何も男の人だけに限ったことではありません。

 

女の人でもこういった考えを持っている人は多いのです。女の人には妊娠出産、というどうしても働けなくなる時期があるので、男の側にある程度の収入を望むのは仕方のないことかもしれません。

 

 

高学歴、高収入の女の人もこの例外ではありません。

 

よく高望みしがちだと言われていますが、条件のいい相手を求めるのは女性全体に当てはまる話なのです。

 

ただ女の人の側が学歴も収入も高いと、どうしてもラインが上昇します。

 

学歴も収入も高い男性は人気です。婚活市場ではかなりの競争率なので、ゴールインできる確率はかなり低くなります。

 

年代によってはほぼ残っていないと言うケースも少なくありません。

 

 

釣り合いを重視するのであれば、厳しい競争を勝ち抜く覚悟を決めるか、狙いを変える必要があります。

 

よく狙い目だといわれるのが、理系技術職に就いている男性です。

 

この職種は仕事が忙しいので恋愛に時間を割く余裕がなく結婚できない、という人が意外にいるのです。

 

 

釣り合いを無視するという選択肢もあります。

 

自分自身が相手に学歴や収入を求めないのであれば、性格面での相性だけを重視してくれる相手を探すのもおすすめです。

 

収入は十分にあるのですから、他の競争相手のように条件をつけて選択肢を狭める必要はありません。

 

相手が釣り合いを気にする場合も当然あるでしょうが、性格や相性重視で結婚相手を探している男性もたくさんいます。

 

 

ただし選択肢を広げることは、それだけ迷いを生むことにもなります。

 

自分が結婚に何を求めているのか、どんな人と出会いたいのかをしっかりと考えなければ、選択肢が広がるだけ悪戯に活動が長引く事態につながりかねません。

 

陥りやすい状況を見極め、場合によっては相談できる人を探すことも大切です。