婚活 NG 話題

婚活でNGな話題とは?どんな話題が婚活では嫌われるのか

婚活 NG 話題

 

婚活で成功するための重要なポイントに「会話」があります。

 

もちろんルックスや年齢や年収などの条件やスペックというところから入っていくのが婚活ではありますが、結局のところお付き合いまでいくかどうかはスペックよりも実際に会った時の雰囲気など印象の良し悪しできまります。

 

その中でも重要な要因となるのが会話なのです。とはいえ、いきなり会話が上手になることはほぼあり得ません。それよりも、最低限言ってはいけない話題を避けることである程度の会話の質を保つことができます。

 

では、具体的に婚活でNGな話題とはどういった話題なのでしょうか?

 

愚痴・ネガティブな話題

愚痴やネガティブな話題は悪口を言っているのとほとんど変わりません。聞いている側からすればうんざりする話題ですし、人格を疑うきっかけにもなります。特にまだ大して仲良くなっていないのにも関わらずそういった話題ばかりだと、相手は「なんでこんな話を聞かなきゃいけないの?」と思ってしまいます。

 

個人情報に関わる話題

個人情報を絡めた話題は非常にデリケートです。よほど仲良くならないとなかなか話題にできないことですし、婚活で出会うのはそれまで全く面識がなかった人なので、なおさら気軽に話せることではありません。

 

たとえば、つい気が大きくなって「フルネーム教えてもらっていいですか?」、「○○区のどの辺にお住まいですか?」といったことを聞いてしまうケースがありますが、NGな話題ということを覚えておきましょう。

 

スペック・条件面に踏み込みすぎる

婚活は相手のスペックや条件を見てアプローチするかどうかを決めることが珍しくありません。しかし、かといってスペック・条件面に踏み込みすぎる話題をいきなり出すのはさすがに失礼すぎるのでNGです。

 

たとえば、「年収はいくらですか?」、「お父様の仕事は何ですか?」といった質問は、悪気がなくても「お金目当てなのか?」という疑念を相手に抱かせてしまいます。

 

過去の婚活歴・現在の婚活進捗具合を聞く

婚活ではつい聞きがちですが、過去の婚活歴や現在の婚活進捗具合を聞くこともNGです。「婚活初めてどのくらいですか?」や「いま他のどなたかと連絡取ったりしてますか?」などの質問をいきなりしたら高確率で引かれてしまいます。

 

これから結婚するかもしれない二人だからこそそういったことも気になるものですが、その前に相手自身の性格や趣味などの方から興味を持つべきです。

 

自慢話

自慢話は自分の魅力を相手に伝えるために話題にする人も多いですが、自分の口でいくら語っても、相手からすれば傲慢に聞こえるだけです。

 

確かに自慢話をするのは気分がいいかもしれませんが、相手の気分を考えられる人でなければ、いつまで経っても成婚は望めないでしょう。本当に魅力的な人間であれば、自分から言わずとも相手は分かってくれるものです。

 

身体的特徴に触れる話題

スペック・条件面の話題と似ていますが、身体的特徴に触れる話題もNGです。たとえば、「スタイルいいですね」、「背が小さいですね」といった言葉があげられます。

 

なぜこれらがNGかというと、褒めているつもりでも相手を傷つけることがあるからです。特に身体的特徴は簡単に変えることができないデリケートなものなので、冗談にもなりません。

 

自分への質問

たとえば、「僕のどこがよかったのですか?」、「僕に質問ありますか?」などの自分への質問はNGです。というのも、これらは自分の欲求を満たしたいがための質問であって、相手と距離を縮めるための話題ではないからです。

 

こんなことを聞く時間があれば、もっと相手のことについて質問した方がいいでしょう。

 

唐突過ぎる質問

質問が唐突すぎる内容だと相手を驚かせてしまいます。たとえば、「子供は何人くらい欲しいですか?」、「僕が転勤したらついて来てくれますか?」といった質問は、確かに結婚する上で知っておきたいことではあるのですが、唐突な上にあまりにも自分本位です。

 

こういった質問は恋人関係になり、順調に愛を育んでからでも遅くはないでしょう。ただし、会話の流れが自然で、なおかつ冗談ぽく言うのであれば、構いません。

 

やる気のない発言

やる気のない発言は相手のテンションを一気に下げます。たとえば、「友達がどうしてもパーティーに参加したいというのでついてきただけ」というような発言は絶対に控えるべきです。どのような事情があれど、結局参加したのは本人の意思ですし、他人のせいにするのは格好悪いです。

 

本当にやる気がないのであれば、相手からすれば口を開く前に帰った方がいいのでは?という話になります。

 

それから相手によってあからさまに態度を変えるのもよくありません。好みのタイプの相手の方がテンションが上がるのは仕方ないかもしれませんが、それを露骨にすると噂されて悪評が出回る可能性があります。

 

発言をする時は常に誠実さを持つようにしてください。

 

まとめ〜相手が自分から言うまでは極力NGな話題は避ける。聞く場合はまず自分から情報開示を。

婚活 NG 話題

 

以上の婚活でのNGな話題のまとめですが、上記の9つのNG話題は婚活で避けた方がいいでしょう。

 

わざわざ自分から言って相手の印象を悪くするリスクを負う必要はありません。ただし、相手の方から言ってきた場合は別です。

 

その場合は相手がその話題をすることを望んでいるということなので、むしろ乗ることで距離を縮めることができます。

 

また、質問をする時はできるだけ自分の方から情報開示をするといいでしょう。自分のことを話さずに相手からばかり情報を引き出そうとするのはフェアではありません。

 

とにかく会話は一朝一夕では上手になることはありません。色々と自分で考えながら工夫をして婚活の場数を踏んでいくことが遠回りのようで1番の近道です。

 

まずはNGな話題を避けながら婚活での会話を意識して試してみましょう。

 

⇒会話を磨きたいなら婚活パーティーが1番おすすめです。

page top